サラ金のイメージは古い?

サラ金といえばサラリーマン金融の略ですが、それは一昔前の呼び方で、現在は利用されていません。
理由はいろいろありますが、もうサラリーマンがメインターゲットではないというのは大きいです。
一昔前のサラ金のイメージといえば、雑居ビルの一室で担当者と向かいあって融資を受け取るイメージがあります。その取り立ても乱暴で怖い。そんなイメージですが、今は駅前の明るいところに店舗を構えているところがほとんどです。
呼び方も消費者金融となっており、消費者の生活によりそった会社が多くなっています。


担当者と会わずに契約ができるサラ金も

ビルの一室でのやり取りだけでなくなった現在の消費者金融での契約は、無人契約機と呼ばれるものを利用した契約ならば担当者と会う必要も、話す必要すらなく契約を結ぶことが可能です。(>>>サラ金に申し込む
また女性専用の電話回線も用意されており、女性も安心して利用することができるようになっています。


金利も安定してきている

最近は競争が激化していることもあり、金利の低さを売りにする消費者金融も増えています。安定して低めの金利で融資を受けることができれば、利用者としてはこれ以上嬉しいことはありませんよね。
サラ金はテレビCMなども増えてクリーンなイメージがどんどん増していますよね。