サラ金の金利

以前は出資法と利息制限法の中間にあたる金利、グレーゾーン金利を利用した貸し付けを行っていたサラ金業者ですが、2010年に行われた法改正によって29.2%だった上限金利が20%まで大幅に引き下げられました。
これにより、サラ金業界に広まっていたグレーゾーン金利は事実上撤廃されたことになります。このことにより、サラ金の存在はより身近になり、以前より利用しやすい存在になりました。(>>>サラ金ステーション
一昔前なら「サラ金は怖い」「サラ金から借金するなんて恥ずかしい」という悪いイメージがついて回っていたものですが、現在では金利の引き下げもあり、利用者のニーズに応えやすいものになっていますよね。


サラ金が提示する下限金利と上限金利

サラ金業者はどこも金利を、○%~○%のような表記にしていますよね。
実は、とくに初めての利用の際は注目するポイントは、高いほうの金利、上限金利のほうなのです。

サラ金を初回契約する際に適用されるのは、ほぼこの上限金利、高いほうの金利です。ですからいくら下限金利が安く設定されていたとしても、金利が安い、と飛びついてしまうのは早計です。はじめての利用の際は上限金利が安いところを選ぶのが良いでしょう。

仮に、18%と上限金利が定められている業者から10万円の融資を受けたとすると、10万×0.18で18000 年間で18000円の金利がかかるということです。これを12等分すると1500ですから、月々にかかる金利は1500円だということになります。そこに元金の返済がプラスされた額が、サラ金への月の返済額だということになります。
金利について

低い金利が適用される場面とは

ではこの下限金利が適用される場面は存在しないのでしょうか。
貸金業法で定められた金利により、100万円の借り入れの場合には無条件で15%の金利に引き下げられます。
そのほかも、業者が定める条件によって金利は引き下げられることになり、500万円の借入を行った申込者には、最低金利が適用される業者もあります。


おまとめローンやのりかえローンの金利

他にもローンの種類で、複数の業者からの借り入れを一本にすることができるおまとめローンや、他社から他社にローンの種類を乗り換える、のりかえローンがあります。
この種類のローンは、複数で管理が大変になってしまっているローンを一本化できたり、乗り換えることによる金利が低くなるなどのメリットが多数用意されているなどお得なものが多いですが、一般的に審査が厳しいと言われています。

>>>サラ金の審査